リピート分析機能の考え方

リピート分析機能では、分析期間として指定した月に来店した新規・再来・固定・リターンのお客様数・構成比や来店区分別にその後6ヶ月間、いつ再来店したかがわかります。
※分析期間から6か月以上来店がないお客様は、失客としてカウントされます。

例:分析条件に【2014年10月】を指定した場合

analysis_visittrend_3_01.png
活用方法1再来店率を確認する

来店区分別に6か月間の再来店率(リピート率)がグラフで表示されます。
一般的な再来店率と比較すればサロンがどのような状態かを確認できます。
※分析条件に「スタイリスト」を指定すれば、スタイリストごとの再来店率も確認できます。

analysis_visittrend_3_02_2.png

平均再来店率

来店区分 再来店率
新規 37.5%
再来 71.3%
固定 89.8%
リターン 52.6%

2015年4月の平均再来店率
※2015年12月時点
Hot Pepper Beauty調べ

便利なショートカット

再来店率が前月と比較して上がっているのか?下がっているのか?を確認したい場合は、グラフ上部のを使えば簡単に月をずらすことができます。

analysis_visittrend_3_03.png
活用方法2再来店のタイミングとボリュームを知る

来店区分ごとに赤字で客数が表示されている月が最も再来店が多い月です。
以下のように、2ヶ月後の客数が赤字となっている場合は、再来店のピークが2ヶ月後ということになります。
それ以降は再来店するお客様が減っていくことになりますので、ピークに合わせて集客を促すのが効果的です。

analysis_visittrend_3_04_2.png
analysis_visittrend_3_05.png

※来店店客数のグラフは表と連動しているためピークとボリュームはグラフを見れば視覚的にもわかります。

分析結果からSALON BOARDのメッセージ機能を利用した販促
メッセージ機能の自動配信の条件に分析結果からわかる条件を設定することで効率的な販促を行うことができます。
例えば、新規のお客様の再来店率を改善したい場合
  • ・来店回数を【[1]回以上[1]回以下】と設定
  • ・タイミングに再来店月のピークの時点【前回来店日から○日後】を設定
  • ・新規のお客様だけにお得なクーポンをつけるなど
活用方法3失客してしまったお客様を確認しフォローする

再来店状況の表の右側が失客してしまったお客様の数となります。
にチェックを入れてボタンを押下することでチェックを入れたお客様がリストアップされます。

analysis_visittrend_3_06_2.png
リストからできること①
リストアップされたお客様名をクリックすることで、お客様詳細へ遷移できます。今までの来店状況などが確認できます。
analysis_visittrend_3_07.png
リストからできること②
画面下部の【メッセージ配信対象設定画面へ】からSALON BOARDのメッセージ機能へ遷移することができます。
→分析結果からメッセージ配信の詳細はこちら

 

新規顧客のリピートや失客防止に繋げるためのメッセージ配信など、販促に役立つ具体的な活用方法はこちらのページをご確認ください。

↑Pagetop