来店回数と客単価の設定について<活用方法>

活用方法1お客様の分布を確認する

優良顧客分析は分析期間に来店されたお客様の来店回数と単価でお客様のカテゴリ分けを行う分析となります。

analysis_customerdistribution_4_01.png
お客様の分布の設定を変更する
お客様の分布は初期設定では来店回数1回刻み、単価は1,000円刻みで設定されています。
サロンの全体で単価が高い場合や、来店回数が多い場合はボタンから分布の設定を自由に変更できます。

分析の結果から、店舗のお客様がどのように分布しているかを把握することができます。
その分布が店舗の目指す姿とマッチしているかを確認することで、今後の戦略を練るきっかけになります。

analysis_customerdistribution_4_02_2.png
活用方法2単価が低いお客様にアプローチをする(Bゾーン→Aゾーン)
analysis_customerdistribution_4_03.png

Bゾーンのお客様(単価は低い×来店回数は多いお客様)をAゾーンにあげるためには、来店頂いた際の単価アップがポイントとなります。Bゾーンのお客様に対して、ヘッドスパやオススメの店販商品などをメッセージで配信することで、単価アップのきっかけを作ることができます。
→メッセージ機能についてはこちら

活用方法3来店回数が少ないお客様にアプローチをする(Cゾーン→Aゾーン)
analysis_customerdistribution_4_04.png

Cゾーンのお客様(単価は高い×来店回数が少ないお客様)をAゾーンにあげるためには、失客を防ぎながら適切なタイミングで来店していただくことが必要です。
適切なタイミングでの来店は『来店サイクル分析』を使いながら、SALON BOARDのメッセージ機能などでアプローチすることが効果的です。

↑Pagetop