端数処理を行う

端数処理機能とは
会計金額に端数があった場合に、システムにて端数切捨て計算ができます。
端数とみなす金額単位は、10円未満と100円未満から選択できます。
自動設定を行うことで、会計の都度割引メニューから選択する手間を省くことができます。
「割引・サービス・オプション」タブの「割引」より端数処理のメニューを選択する
regi_rounding01.png
メニューが追加され、システムにて端数処理が行われる
regi_rounding02.png
↑Pagetop