店舗分析の活用方法

店舗分析とは

お店の売上や来店客数、客単価を最大3カ年分まで比較できるレポートです。
売上の構成(技術・店販・オプション)や年別・月別の変動を把握することができます。
売上低下の原因を特定して、効果的な販促を行いましょう。

レポートの見方

店舗分析では主に4つのことがわかります。

年単位の比較

過去3年分の売上を比較できます。

月単位の比較

月単位の売上の変動を比較できます。

構成比の比較

お店の売上構成比を把握できます。(技術・店販・オプション)

区分別の比較

技術・店販・オプション別の過去3年分の売上を比較できます。

practice_salon_01.png

こちらのレポートは期間を指定したり、スタイリスト別に見ることもできます。

practice_salon_02.png

活用例

店舗分析は「売上」「来店客数」「客単価」ごとに確認できます。
他の分析機能と組み合わせて確認することで、より細かい分析ができます。

売上が下がった要因を分析する

まずは、昨年と比較してどうなのか、売上低下の原因を確認してみましょう。

店舗分析の「売上」で去年・一昨年の売上を比較

practice_salon_03.png

売上は「来店客数」と「客単価」に左右されます。「客単価」と「来店客数」の状況を確認します。

practice_salon_04.png
practice_salon_05.png
practice_salon_06.png
「客単価」が落ちている場合

お客様の客単価は?

practice_salon_07.png
「来店客数」が落ちている場合

失客しているお客様は?

practice_salon_08.png

お客様の来店頻度は?

practice_salon_09.png

ターゲットを絞ってお客様
にメッセージを配信!

practice_salon_10.png

売上に波があるので対策を打つ

「昨年売上が落ち込んだ月はいつか?」「毎年同じ傾向にあるのか?」、例年の売上の傾向を確認してみましょう。

店舗分析の「売上」で去年・一昨年の売上推移の傾向を確認

practice_salon_11.png
practice_salon_12.png
分析機能を有効活用するためには

分析機能は予約情報にあわせて、お客様情報や会計情報を利用して分析を行います。
SALON BOARDで正しくデータを管理することが大切です。

操作マニュアルを見る

↑Pagetop