優良顧客分析の活用方法

優良顧客分析とは

お客様を「来店回数」と「単価」の軸で切り分け、サロン全体の顧客がどのように分布しているかを一目で把握することができます。
単価・来店頻度別に顧客を分類し、ターゲットを絞ってメッセージ配信ができます。

practice_customer_01.png

メッセージ配信は失客防止・リピート率UPに効果的

分析機能経由で、それぞれのお客様に適切なタイミングでメッセージを送ることで効率的な販促ができます。

practice_customer_02.png
practice_customer_03.png

レポートの見方

優良顧客分析は①表、②グラフ、③顧客情報で構成されています。

practice_customer_04.png

表の見方

「来店回数」×「客単価」別でお客様が何名いるか把握することができます。

Aゾーン来店回数、単価が高い優良顧客

Dゾーン来店回数、単価が低い顧客

practice_customer_05.png

優良顧客分析では「来店回数」や「客単価」の間隔を自由に設定できます。
自店舗にあった価格・来店回数を設定して、店舗に即した独自の分析をしましょう。

practice_customer_06.png

グラフの見方

各ゾーンのボリュームが表示されます。

practice_customer_07.png

顧客情報の表示

レポートからお客様の情報を確認し、メッセージを送信することができます。

practice_customer_08.png
practice_customer_09.png

活用例

単価が低いお客様にアプローチをする

practice_customer_10.png

Bゾーンをチェック

お客様を確認してメッセージ配信画面に進みます。

単価UPを促すメッセージを手動で配信

セットメニューや新メニューの案内など、単価UPに繋がるメッセージを配信しましょう。
例「ヘッドスパはじめました」

設定方法を見る

来店回数が少ないお客様にアプローチをする

practice_customer_11.png

Cゾーンをチェック

お客様を確認してメッセージ配信画面に進みます。

来店を促すメッセージを手動で配信

来店サイクル分析」を使うとお客様の来店サイクルに合わせてより精緻なメッセージ配信ができます。

設定方法を見る
メッセージ配信時のポイント
来店を促す目的でメッセージを配信する場合は、そのまま配信を行うと、明日以降に来店予定のお客様にもメッセージが配信されてしまう場合があります。
メッセージの重複配信を避けるために、メッセージ配信画面で『来店日』の条件を指定することができます。
<コラム>来店予定のお客様をメッセージ配信対象から除外したい
分析機能を有効活用するためには

分析機能は予約情報にあわせて、お客様情報や会計情報を利用して分析を行います。
SALON BOARDで正しくデータを管理することが大切です。

操作マニュアルを見る

↑Pagetop