来店サイクル分析の活用方法

来店サイクル分析とは

お客様ごとに来店周期を算出して「今月来店見込みのお客様」や「いつもの来店周期から外れてしまったお客様」を分析するレポートです。

practice_cycle_01.png

メッセージ配信は失客防止・リピート率UPに効果的

分析機能経由で、それぞれのお客様に適切なタイミングでメッセージを送ることで効率的な販促ができます。

practice_cycle_02.png
practice_cycle_03.png

レポートの見方

来店サイクル分析は①表、②顧客情報で構成されています。

practice_cycle_04.png

表の見方

直近3回分の来店間隔の平均を「来店サイクル」として算出し、13ヶ月間に来店したお客様を分類しています。
各サイクルのお客様が最後にいつ来店したか把握することができます。

来店サイクルの考え方

practice_cycle_05.png

例:2ヶ月サイクルのお客様の場合

practice_cycle_06.png

「サイクル通り」「サイクルから外れている」お客様を色によって分類しています。

サイクル通りのゾーン

practice_cycle_07.png

サイクルから外れているゾーン

practice_cycle_08.png

「お客様を見つける」を押下すると、色分けの表示を切り替えることができます。

practice_cycle_09.png

顧客情報の表示

レポートからお客様の情報を確認し、メッセージを送信することができます。

practice_cycle_10.png
practice_cycle_11.png

活用例

『当月』に来店した人を見るためには月中では、データが十分に揃っていない状態のため、毎月月末に確認いただくことがおすすめです。
※分析期間を変更すれば月初に先月分を確認することはできます。

サイクル通りに来店していないお客様の失客を防ぐ

practice_cycle_12.png

サイクルから外れ始めている層をチェック

お客様を確認してメッセージ配信画面に進みます。

来店促進メッセージを手動で配信

来店サイクルから外れそうなお客様に対して『そろそろ行こうと・・・』にマッチした配信ができます。
早期アプローチが失客防止につながります。

設定方法を見る

そろそろ来店する見込みのお客様のサイクルを守る

practice_cycle_13.png

そろそろ来店する見込みの層をチェック

お客様を確認してメッセージ配信画面に進みます。

来店促進メッセージを手動で配信

当月のキャンペーンを組み合わせると効果的です。
・おすすめのヘアカラー
・新メニューの紹介
・出勤日の告知
・特別キャンペーン

設定方法を見る
メッセージ配信時のポイント
来店を促す目的でメッセージを配信する場合は、そのまま配信を行うと、明日以降に来店予定のお客様にもメッセージが配信されてしまう場合があります。
メッセージの重複配信を避けるために、メッセージ配信画面で『来店日』の条件を指定することができます。
<コラム>来店予定のお客様をメッセージ配信対象から除外したい
分析機能を有効活用するためには

分析機能は予約情報にあわせて、お客様情報や会計情報を利用して分析を行います。
SALON BOARDで正しくデータを管理することが大切です。

操作マニュアルを見る

↑Pagetop