リピート分析の活用方法

リピート分析とは

指定した来店月のお客様の再来店(リピート)状況を分析するレポートです。「失客顧客へのアプローチ」や「新規顧客のリピート率向上対策」「振り返り」に効果的です。
また、レポートからお客様を絞ってメッセージを送信することができ、失客対策を行うこともできます。

practice_repeat_01.png

メッセージ配信は失客の呼び戻しに効果的

リピート分析では、失客してしまったお客様(前回来店から半年以上)に対して、簡単にメッセージを配信できます。
また、失客してしまったお客様にピンポイントにメッセージを送ることができるため、「メッセージ管理」機能からの配信よりも効率的に失客の掘り起こしが行えます。

practice_repeat_02.png

レポートの見方

リピート分析は①表、②グラフ、③顧客情報で構成されています。

practice_repeat_03.png

表の見方

例:新規(1回目の来店)のお客様がどのくらい【再来店】しているか

practice_repeat_04.png

例:新規(1回目の来店)のお客様がどのくらい【失客】しているか

practice_repeat_05.png

グラフの見方

再来店の推移、ボリュームゾーンを把握することができます。

practice_repeat_06.png

顧客情報の表示

レポートからお客様の情報を確認し、メッセージを送信することができます。

practice_repeat_07.png
practice_repeat_08.png

活用例

新規顧客をリピーターに繋げる

practice_repeat_09.png

新規顧客の再来店のピークを確認

新規のお客様が再来店するピークは2ヶ月目。3ヶ月目になる前にアプローチしておきましょう。

自動配信メッセージを設定

メッセージ配信で「来店回数1回のお客様」「前回来店日75日後」で設定。

設定方法を見る

失客を呼び戻す

practice_repeat_10.png

失客層を選択して確認

半年以内に来店しなかった層を選択します。

メッセージを手動で配信

クーポンやキャンペーンを添付すると効果的です。
【あるサロンの事例】
クーポンは「有効期限を1ヶ月ほどに短く」「割引などではなく、プレゼント」で設定。
→19名復活

施策後にどう変化したか確認する

practice_repeat_11.png
メッセージ配信時のポイント
来店を促す目的でメッセージを配信する場合は、そのまま配信を行うと、明日以降に来店予定のお客様にもメッセージが配信されてしまう場合があります。
メッセージの重複配信を避けるために、メッセージ配信画面で『来店日』の条件を指定することができます。
<コラム>来店予定のお客様をメッセージ配信対象から除外したい
分析機能を有効活用するためには

分析機能は予約情報にあわせて、お客様情報や会計情報を利用して分析を行います。
SALON BOARDで正しくデータを管理することが大切です。

操作マニュアルを見る

↑Pagetop